おすすめの薄毛対策

ハゲは1日にしてならず
Home » ハゲは1日にしてならず » おすすめの薄毛対策
ハゲは1日にしてならず | 09月16日更新

おすすめの薄毛対策

おすすめの薄毛対策

薄毛対策としておすすめなのは、心身の健康を維持すること、髪を洗いすぎないこと、怪我をしないこと、ヘアスタイルに気を付けることの四つです。

まず心身の健康を維持することで、円形脱毛症、抜毛症、薬物性脱毛症などの脱毛症を予防、改善することができます。
円形脱毛症はかなり患者数の多い脱毛症ですよね。
主な原因が心身のストレスや、ウイルス感染と言われているので、心身の健康維持が何よりの対策と言えます。

抜毛症は精神的な疾患から自分で髪を抜いてしまう症状。
自覚の有無は個人差がありますが、主にストレスを感じた幼児に発症します。
ストレスは環境要因によるところが大きいので、子供にストレスを感じさせないようにして心の健康を維持してあげることが大切なのです。

薬物性脱毛症は、がん治療などで薬を服用した場合にその副作用として現れる脱毛症です。
病気にならなければ無縁の脱毛症ですよね。
ちなみに男性型脱毛症は遺伝や男性ホルモンの作用によって引き起こされる自然現象なので健康であっても対策にならない場合があります。
ただしホルモンバランスを正常に保つにはやはり心身の健康が重要になるので、場合によっては健康維持が対策となりえる可能性もあるのです。

つぎに髪を洗いすぎないことです。
これは脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症などの予防になります。
皮脂を洗い落しすぎてしまうと、頭皮が過剰に皮脂を分泌させて脂漏性脱毛症となることがあります。
逆に乾燥した皮膚がフケとなり、粃糠性脱毛症となることもあるのです。
洗浄力の強すぎるシャンプーの使用は控えましょう。

怪我をしないことも大切です。
怪我が瘢痕(ケロイド)のような状態になってしまい、そこから毛が生えなくなってしまうから。
これは瘢痕性脱毛症といって、とても治療が難しい脱毛症なのです。

最後にヘアスタイルです。
毎日髪を同じところで分けていたり、きつく縛っていたりすると牽引性脱毛症の原因になります。
常に引っ張られていることで髪が生えてこなくなってしまうのです。
頭皮への負担を考えてヘアスタイルを変えることで、対策となります。