ハゲは初期の対策が大切

ハゲは1日にしてならず
Home » ハゲは1日にしてならず » ハゲは初期の対策が大切
ハゲは1日にしてならず | 09月09日更新

ハゲは初期の対策が大切

ハゲは初期の対策が大切

「何だか最近、ハゲて来た気がする」と思ったら、すぐに対策を考えましょう。
ハゲは進行が進むほど、回復が難しくなってしまいます。
初期にしっかりと対策すれば、ハゲの進行を止めることも可能な場合があるのです。
ではいったい、どのような対策が必要なのでしょうか?

ハゲと一言で言っても、その種類はさまざま。
男性型脱毛症、円形脱毛症、脂漏性脱毛症などなど、ハゲは原因によって種類分けされているのです。
しかし、ほとんどの脱毛症に共通する対策があります。
それは「健康維持」です。

たとえば男性型脱毛症の原因は遺伝や男性ホルモンです。
遺伝などは対策の仕様がありませんし、男性ホルモンの作用も正常な作用であることがあります。
男性型脱毛症というのは、自然現象なのです。
しかし、ストレスや食生活の乱れによって健康を害している場合、それが原因で男性ホルモンのバランスが失調してしまっていることも考えられます。
生活習慣を正すことで、進行が止められる可能性もあるのです。

円形脱毛症はまさに、健康を害していることで発症する脱毛症と言われています。
精神的なストレス、肉体的なストレス、ウイルス感染などが主な原因と考えられているのです。
重症化してしまった場合は回復が難しいですが、初期であればストレスを軽減したり、ウイルス感染を治療したりすることで、症状が抑えられ、回復に向かうでしょう。

これは初期対策ではありませんが、頭部に怪我をしないことも大切なハゲ対策です。
頭部に怪我をしてしまうと、その怪我が瘢痕となってしまうことがあります。
瘢痕とは組織欠損によって、欠損した箇所が肉芽組織を形成してしまい、最終的にコラーゲンなどの結合組織に置き換わった状態で修復されてしまった状態です。
火傷がケロイドになるのをイメージすると分かりやすいでしょう。

頭皮が瘢痕化してしまうと、そこには毛母細胞が存在しなくなります。
つまり、どんなに頑張っても髪が生えてこなくなってしまうのです。
これを瘢痕性脱毛症と呼び、もっとも治療が困難な脱毛症の一つとされています。